ギャラリー恵風

京都左京区・ギャラリー恵風の展覧会情報

10/28~11/9 第6回 「風~明日への軌跡」展 田中朝子・中路規夫・武蔵篤彦

2008kiseki.jpg

10/28~11/9 第6回 「風~明日への軌跡」展 田中朝子・中路規夫・武蔵篤彦

12:00~19:00 最終日18:00まで
11/3(月)休廊


中路規夫
nakaji.jpg

田中朝子(写真)、武蔵篤彦(ポリマー凹版+ドローイング)を迎えて、中路規夫
(シルクスクリーン+インクジェットプリント)と、三者三様の多彩な清々しい風が
吹き渡りそうな気配を感じる。その風が明日への軌跡となる予感がする。 (中路)

プロフィール
1949 京都市に生まれる
1975 京都市立芸術大学西洋画科専攻科修了
1985 第一回和歌山版画ビエンナーレ、以後’87’89’91’93,買上賞
1987 期待の新人版画展、優秀賞
1988 MAXI GRAPHICA 以後’89’90’01’07’08

田中朝子
tanaka.jpg

ある日ふと網膜をかすった、なんてこともないけど流してしまうにはなにか惜しい、
他愛ない1カットを、片付けられない病の様に無造作にどんどん溜め込んで行く。
それらを気まぐれな部屋の模様替え感覚で、押入れからタンスから引っぱり出し
陳列してみる・・・その陳列作業が私の制作の主要な過程であり、展覧会はその
大事な場だと思っています。(田中)

1972 大阪に生まれる
2003 京都市立芸術大学美術研究科博士(後期)課程版画専攻満期退学
2003 「boox」ノマル・プロジェクトスペースキューブ&ロフト/大阪
2005 「♭[flセt]」ノマル・プロジェクトスペースキューブ&ロフト/大阪
2007 「pool」ノマル・プロジェクトスペースキューブ&ロフト/大阪

武蔵篤彦
musashi.jpg

今回の展覧会では、感光性樹脂版を用いたポリマー凹版画と木版画の組み合わせで、
光によって刻々と変化する空気の流れや揺らぎを表現する作品ができればと考えてい
ます。(武蔵)

1979年 サンフランシスコ・アート・インスティテュート大学院修了
1990年 インターグラフィック’90 (ドイツ)
1993年 バラトバヴァン国際版画ビエンナーレ (インド)
1999年 ぶどうの国の国際版画ビエンナーレ(山梨県立美術館)
2004年 現代版画の潮流展(町田市立国際版画美術館)
2008年 中華民国国際版画素描ビエンナーレ

今後の展覧会予定

11/11(火)~16(日)
京都芸術祭美術部門国際交流総合展
選抜小品展

11/18(火)~23(日)
三沢喜美子展 

11/25(火)~12/7(日)12/1(月)休廊
山田修市 展 -散歩-

12/9~12/21 「一寸のアート」Part6 
      櫻井靖子・長谷川政弘

12/22~1/12 冬季休廊

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/28(火) 11:47:45|
  2. 展覧会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料カウンター <<11/11(火)~16(日)京都芸術祭美術部門国際交流総合展選抜小品展 | ホーム | 三人の絵画展  日下部直起・蛭田均・山本桂右>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keifu.blog86.fc2.com/tb.php/69-acaafac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ギャラリー恵風

Author:ギャラリー恵風
京都の左京区にあるギャラリーです。
詳細は新ホームページをご覧ください。
●ギャラリー恵風公式HP●
アクセス

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する