ギャラリー恵風

京都左京区・ギャラリー恵風の展覧会情報

松井 利夫 展  2015年12月15日(火)-12月20日(日) 

松井 利夫 展

2015年12月15日(火)-12月20日(日) 

松井利夫展DM



縄文土器が掘り出された穴は土器と同じ時間を生きた穴です。
その穴の表面を粘土で型取り乾かし掘り起こし一晩野焼きした
ものに漆を塗り重ね陶漆土器に仕上げます。土器に漆を塗る陶
胎漆器の元型は一万数千年前の縄文時代に始り世界でも最初期
の土器と漆の混合技法です。今回の作品は尾形乾山との関係が
深かった二条家屋敷跡の柱穴に弥生時代の水田跡の底土を打込
み掘り出し焼成し黒漆、朱漆、根来、堆朱を施した陶漆碗型土
器です。(松井)



松井利夫「根来碗型土器」
松井 利夫 「根来碗型土器」



松井 利夫  MATSUI Toshio

1955年生まれ。京都市立芸術大学陶磁器専攻科修了後、イタリア
政府給費留学生として国立ファエンツァ陶芸高等教育研究所に
留学。エトルリアのブッケロの研究を行う。
帰国後、沖縄のパナリ焼、西アフリカの土器、縄文期の陶胎漆器
の研究や再現を通して芸術の始源の研究を行う。
近年は2016年京都で開催される世界考古学会議WAC-8に向け
てArt&Archaeology Forumを立ち上げ芸術と考古学の融合領
域の開拓を行っている。
第40回ファエンツァ国際陶芸コンクール、グランプリ受賞。第14
回カルージュ国際陶芸ビエンナーレ、ARIANA大賞受賞。第17回
ミラノ・トリエンナーレ招待。第3回、5回京畿道世界陶磁ビエン
ナーレ招待。他



松井利夫「堆朱碗型土器」
松井 利夫 「堆朱碗型土器」




スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/12/14(月) 12:52:54|
  2. 展覧会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料カウンター <<*お知らせ* | ホーム | Christmas Selection  2015年12月8日(火)-12月20日(日)   ※12/14(月)休廊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keifu.blog86.fc2.com/tb.php/492-c9329a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ギャラリー恵風

Author:ギャラリー恵風
京都の左京区にあるギャラリーです。
詳細は新ホームページをご覧ください。
●ギャラリー恵風公式HP●
アクセス

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する