ギャラリー恵風

京都左京区・ギャラリー恵風の展覧会情報

畠中光享・林哲夫 作品展 2015年9月1日(火)―9月6日(日)

畠中光享・林哲夫 作品展

2015年9月1日(火)―9月6日(日)

畠中光享・林哲夫作品展



 絵を描き続けるにあたって大切に思っているのは「自然から学ぶ」ことと
「古典から学ぶ」ことです。この事から謙虚さを教えられ、エネルギーを与え
られます。また絵は視覚的なもので良し悪しが瞬時に見えてしまいますが、
それだけではなく「絵を読む」ことも必要です。
これらも二人に共通した認識があると思います。(畠中)


畠中光享「供養」
畠中 光享  「 供養 」


畠中 光享  HATANAKA Kokyo

1947年生まれ。大谷大学文学部卒業、京都市立芸術大学専攻科修了。
「横の会」や「NEXT」、「目-それぞれのかたち」や個展を中心に活動。
'12年から〈Artist Group-風-〉の結成に参画、後進の育成に尽力している。
現在、'18年に落慶予定の興福寺中金堂の法相柱絵を制作中。

展覧会:'95年第1回光州ビエンナーレ招待出品、
     '00年畠中光享の美意識―近作仏伝絵画とインド美術コレクション(大三島町立大三島美術館他)、
     '09年「アジアの精神 私のこころ 畠中光享展」(エストニア国立美術館、ラトビア国立歴史博物館)、
     '11年現代の日本画「中島千波・畠中光享」展(富山県水墨美術館他)
     '12年日印国交60周年記念Kokyo HATANAKA Japanese Style pa intings Exhibition
     (国立All India Fine Arts & Craf ts Society/ニューデリー)など多数。
受 賞:'77年第21回シェル美術賞、'78年第1回東京セントラル美術館日本画大賞、
     '04年京都府文化賞功労賞、ʻ14京都美術文化賞など。




 父がいなくなったあと、納屋の梁に妙なものが載っているに気がつきました。
ところが、三メートルほども高さがあります。にわかにどうすることもできず、そのまま
放置しておきました。
 十年が経ち、母も去りました。母が守ってきたものをひとつひとつ引き剥がすように
古家の片付けを始め、ようやく梁の上の物体を降ろしてみました。何とそれは鳥の空巣
でした。そのとき、畠中さんとの二人展のために、これを描こうと決めました。(林)


林哲夫「アルファロメオ」
林 哲夫  「 アルファロメオ 」


林 哲夫  HAYASHI Tetsuo

1955年、香川県生れ。画家、文筆家。
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業 。無所属。
雑誌編集、装幀なども手がけ、著書に『歸らざる風景ー林哲夫美術論集』(みずのわ出版)、
『喫茶店の時代』(編集工房ノア、第15回尾崎秀樹記念大衆文学研究賞受賞)、
『古本屋を怒らせる方法』(白水社)、
『書影でたどる関西の出版100』(創元社、第9回竹尾賞デザイン書籍優秀賞受賞)など。



畠中光享・林哲夫作品展1F
畠中光享・林哲夫 作品展






スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/08/31(月) 14:58:37|
  2. 展覧会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料カウンター <<黒田 沙知子 漆展  -装う-  2015年9月8日(火)-9月13日(日) | ホーム | 平安画廊ゆかりの版画展  2015年8月25日(火)―8月30日(日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keifu.blog86.fc2.com/tb.php/470-ef2b5ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ギャラリー恵風

Author:ギャラリー恵風
京都の左京区にあるギャラリーです。
詳細は新ホームページをご覧ください。
●ギャラリー恵風公式HP●
アクセス

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する