ギャラリー恵風

京都左京区・ギャラリー恵風の展覧会情報

ひろいのぶこ 展 「切り、、、結ぶ」 2014年2月11日(火)-2月23日(日) ※2/17(月)休廊

ひろい のぶこ 展 
 Nobuko Hiroi Exhibition

  切り、、、結ぶ 


2014年2月11日(火)-2月23日(日) ※2/17(月)休廊


hiroinobuko_dm.jpg



 私が使う糸は、蚕から糸を引く時に分別された不均質、不揃いな糸です。
 太すぎたり細くて切れそうなところを切って除き、糸端を結んで使います。
 布を織っている時にタテの糸が切れたなら新しい糸を繋いで、なるべく
目立たないように織りあげます。
 今回は、布の表面から繋いだ糸端が見えるように織り、糸の結びを見て
いただきたいと思います。そうすることで結ぶという単調な行為と時間が、
可視化されるからです。
 糸端を織り込まないように織るのは、とても手間のかかることですが、
織られた布は、どちら側から織り進んだのか、またその方向も判別できます。
 糸も布も、記憶装置なのです。

 布の表面には私の造形意図とは無関係に、タテ糸やヨコ糸の短い端が見えます。
 それぞれがたまたま、互いに近く、遠く、集合したり散在したりしています。
 それはまるで星にも見え、空を見上げる私が今ここに居る不思議と重なります。
                                                (ひろい)



ひろいのぶこ「ジカンヌノ」
ひろい のぶこ 「 ジカンヌノ 」



ひろい のぶこ HIROI Nobuko

神戸生まれ。京都市立芸術大学美術学部教授

1977年 京都市立芸術大学美術専攻科修了
    個展(ギャラリー16、1987,04,05)
1982年 個展(ギャラリーギャラリー、89,96,2010)
1984年 ベータグランプリ受賞
      (第2回ベータ国際ビエンナーレ、ベルギー)
1986年 個展(デンボス市立クライトハウス美術館、オランダ)
2005年 個展(東京国際フォーラム・エキジビション・スペース)
2013年 個展(ギャルリ・プス、1991,95,2001,03,09)
2014年 個展(ギャラリー恵風、2008)
     アジア・ヨーロッパファイバーアートII展
         (ドイツ、フランス、リトアニア巡回)
1972年~ 日本やアジアで繊維と紡織のフィールドワークを続ける



ひろいのぶこ展 会場風景
ひろい のぶこ 展 「 切り、、、結ぶ 」 会場風景










スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/02/10(月) 19:06:10|
  2. 展覧会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無料カウンター <<田中 亮登 展 2014年2月25日(火)-3月2日(日) | ホーム | Quintet ―春を奏でる―  2014年2月11日(火)-2月23日(日) ※2/17(月)休廊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://keifu.blog86.fc2.com/tb.php/369-8457574f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ギャラリー恵風

Author:ギャラリー恵風
京都の左京区にあるギャラリーです。
詳細は新ホームページをご覧ください。
●ギャラリー恵風公式HP●
アクセス

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する